タイで長期滞在 タイの携帯電話

海外旅行(タイ旅行)や長期滞在で使うスマートフォンの選び方

2015/09/08

スマートフォンの選び方
AIS Dtac True

日本で使っているスマートフォンもローミングの手続きをすればそのまま使えますが、料金がめちゃめちゃ高くなります。海外に頻繁に旅行する、または長期滞在するなら、現地の携帯会社と契約する方が断然安くなります。タイは日本と違ってプリペイドならすぐに契約できます。

そこで海外(タイ)に旅行する、または長期滞在するけど携帯電話やスマートフォンは、どれを選んだらいいかさっぱりわからない人向けにお勧めsimフリーのスマートフォンを紹介します。主にタイで使うことを想定して選んでいます。

 

日本で買ったスマートフォンは基本的にタイで使えない。

日本で使っているドコモ、au、ソフトバンクなどで買ったスマートフォンや携帯電話は基本的にタイで使うことが出来ません。海外で使用出来ないようにロックをかけているからです。

スマートフォンを使う場合、simカードと言うものを本体に入れる必要がありますが、日本のドコモ、au、ソフトバンクなどで買ったスマートフォンは、海外のsimカードが使えないようにロックが掛かっています。

 

simcard

simカード ノーマルsim、マイクロsim、ナノsimと大きさは3種類ある。

 

simロック解除するより新しくスマートフォンを買う方がよい

ドコモのスマートフォンの場合、店舗に持ち込んで3000円くらいでロックをはずすことが出来ます。またバンコクのMBKでもできます。しかし、スマートフォンの電波の周波数があっていなければ使うことができませんし、周波数があっていても使えない場合も多々あります。かなり機械やガジェットが好きな人以外は、simロック解除するより新しくスマートフォンを買う方がよいでしょう。

ドコモ、au、ソフトバンクで買ったiphone5やiphone4もロックを外すことができますが、ロック解除のツールを買ってもバージョンが違っていて解除できなかったり、MBKでロックを解除してもosをバージョンアップすることが不可能になったりするのでお勧めできません。

 

一番良いのは、やはりiphone6

iphone- 2014-10-24

一番のおすすめは、やはりiphone6です。タイの携帯会社、ais、dtac、trueのsimカードどれでも問題なく使うことができます。もちろん日本でも使うことができますし、難しいことは何も考えることなく使えますが値段は高いです。日本語・英語・タイ語を入力切り替えするのもアンドロイドに比べて簡単です。

日本のアップルストアで、simフリーで一番安いタイプのiphone6 16Gは、税込で73,224円で買えます。タイで買うと1万円以上高くなるのでiphone6を買うなら日本で買った方が良いです。

 

安く済ませたい人は、asusのzenfone5がお薦め

ZenFone

安くて性能もそこそこのいスマートフォンがでよいという人には、先日、日本でも発売された台湾のメーカー asus(エイスース)のzenfone5(ゼンフォン ファイブ)が、 iphone6の半額以下の税込で2万8944円で買えます。ディスプレイも5インチと大きくて、日本語表示入力もできますし、ais、dtac、trueのsimカードも使えます。

また、海外で販売されているzenfone5は、デュアルsim使用になっていて2枚simカードを入れることができます。タイのsimカードで現地での連絡及びインターネット、メールチェックをして、日本のsimカードで通話受信専用にするといった使い方が出来ます。

デュアルsimのzenfone5は、タイで買うと5999バーツ(約2万円)で買うこともできすし、エクスパンシスという香港の通販サイトで日本語で購入することもできます。

 

asus-zenfone-5-b
エクスパンシス ZenFone 5 - A501CG Dual SIM
icon

 

asus-zenfone-5-w
エクスパンシス ZenFone 5 - A500KL LTE, simは1枚だけ

icon

もっと安いのがいいと言う人には画面が小さくなりますが、4インチのzenfone4がタイで2999バーツ(約1万円)で購入できます。

 

日本メーカーのスマートフォンが欲しい人は、SONYのxperia

日本のメーカーのスマホが欲しい人は、ソニーのxperia(エクスペリア)一択です。ハイスペックな機種から低価格の機種まで揃っていますが、simフリーになっているスマホは、日本で買うことができませんので、タイで買うかエクスパンシスのような通販サイトで買わなければなりません。

注意点は、インターネットを使う場合2G(GSMという昔の規格で速度が遅い)は問題ないですが、スピードの速い3Gという規格では、携帯会社によって周波数が違い、機種によっては対応していない場合があるので、わからない人は、タイの店で確認してから購入するのが無難です。3Gの周波数帯は、AISは2100MHzと900MHz帯、DTACとTrueは2100MHzと850MHz帯となっています。

 

sony-xperia-e3
エクスパンシス Sony Xperia E3 Dual D2212
icon

 

sony-xperia-m2
エクスパンシス Sony Xperia M2 Dual D2302
icon

ソニーも海外では低価格なスマートフォンを出しており、1万円ちょっとでかうことができますが、一番安い機種はRAMが512MBと少なく動作に遅いので、最低でもRAMが1GBの機種がおすすめです。上記の2機種はRAMが1GBで2万円台です。タイでも購入することができます。

日本語環境は、入力も表示も問題ないですが、低価格な機種の一部に日本語入力ソフトが入っていないので、「google日本語入力」を自分でインストールする必要があります。ちなみにタイではサムスンのgalaxyシリーズが人気ですが、日本語化は困難なので、日本語環境が必要な人は避けたほうがよいでしょう。

 

携帯会社は選び方は、バンコクたけの場合はTrue、タイの他の地方によく行く場合AIS

AISは、古い規格の2G(GSM)がタイの地方の隅々まで整備されており、一番電波が届きやすいです。通話しかしない場合や田舎に滞在する人は、AISがよいでしょう。ただしバンコクでは、3Gの整備に遅れをとっており、インターネットのスピードは遅めです。

Trueは、早くからバンコクでの3Gの普及に力をいれていたので、バンコクでのインターネット接続スピードは速いです。バンコク中心の滞在でインターネットをよく使う人はTureがよいでしょう。周波数は主に850MHz帯(2100MHzはあまり整備ざれていない)になっているのでスマートフォンが対応しているか注意が必要です。選択したプランによっては、ショッピングモールや店舗、駅などで使えるWIFIが付いてきます。これもAISやDTACに比べて接続スピードはかなり速いです。

現在、バンコクでは3Gよりも早い4G(LTE)の宣伝が盛んですが、まだまだ電波の範囲が狭いので今のところ考えなくてもよいでしょう。

 

インターネット、通話のプランは各社色々あります。最初はスワンナプーム空港でのSIMカード購入がベスト

通話、インターネットのパッケージプランは、インターネットだけのプランや何バーツ分かの通話無料が付いているプラン、期間も30日間、7日間、1日だけのプランなど色々あります。最初は、スワンナプーム空港で各社のカウンターがあるので、そこでSIMカードを購入しプランも相談して設定もしてもらうのがベストです。プランの細かい仕様も短期間で変更になっていたりします。

 

ismart

 

Tureの30日間のプラン、ismart299なら100バーツ分の通話と500MB分のインターネットができます。500MB使い切ると速度制限されます。制限後はインターネットの閲覧は遅くて使いものになりませんが、メールやLINEのテキストのやり取りは問題ありません。WIFIもフリーでできます。

 

inet

インターネットだけのプランもあります。通話は受信だけの場合こちらの方がいいかもしれません。

 

AIS(One2Call)コマンド
*121#:残高確認、プランの有効期限
*121*3#:インターネット残量確認
*120*「16桁のPIN Number」# :コンビニでのトップアップ方法
http://hellobangkokthai.com/52phone_com.html

Tureコマンド
*123#:残高確認、有効期間確認
*900#:インターネット残量確認
*833#:自分の番号確認
http://truemoveh.truecorp.co.th/?ln=en
http://www3.truecorp.co.th/cm/support_content/2256?ln=en

DTACコマンド
*101*9#:残高確認
*102*9#:自分の番号確認
*103*9#:現在のプラン確認
http://www.dtac.co.th/en/prepaid/services/happynumber.html

-タイで長期滞在, タイの携帯電話
-,